相続税の納付で不動産担保ローンを利用しました

相続税が用意できず不動産担保ローンを利用

不動産担保ローン不動産担保ローン!必要な書類

義父の遺産を家内が相続し2千万以上の相続税が相続税が用意できず不動産担保ローンを利用返済は続くが今回の件は税金や登記の良い勉強になった不動産担保ローンのデメリットを理解する

銀行から私の自宅を担保に入れてローンを組む不動産担保ローンの話が有りましたし、そのことは私の会社の税理士も言っていましたので多少の知識は有りましたが、相続で不動産担保ローンが使えない銀行もあることは知っていましたし、私が所有する不動産にもまだローンが残っていたため、全額を不動産ローンで支払う事への不安もありました。
但し不動産担保ローンを組むことが出来れば、一般的なローンに比べ金利が低いこと長期間のローンが組めることで毎月の返済を減らすことも可能となりますが、良いことだけではなくもし私が不動産担保ローンを払えなくなれば、最悪今住んでいる家も、相続する予定の家も担保としば没収される可能も否定できない為、時間が限られているのにも関わらず、決心するのに時間を要しましたので、税務署に納付したのは納付期限の10日前と言うタイミングでした。

不動産担保ローンを払えない場合、たとえば私が病気や事故で働けなる場合なども考えられますが、中には返済者に保険を掛ける制度もあることを知りましたが、多少毎月の返済額は増えることになります。
またローンが残っている私の不動産を担保にする為に2重の担保が課せられ、毎月の返済費用が増えることは仕方無いとしても、完全に返済するまでには20年と言う長い期間が掛かります。